http://ap-asp.com/ad/7741/769713

グラミー って何 長い触覚を動かしながら泳ぐ姿がカワイイ、

熱帯魚

グラミー って何 長い触覚を動かしながら泳ぐ姿がカワイイ、
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
http://ap-asp.com/ad/7741/769713

長い触覚をちょこちょこ動かしながら泳ぐ姿がカワイイ。

~グラミー系の熱帯魚~ 【アナバス類】 

長い触覚をちょこちょこ動かしながら泳ぐ姿がカワイイ「グラミー」。

東南アジア、アフリカ大陸に分布する魚類。流れのほとんどない池沼や水路に生息する種類が多い。ベタを初めとするオス同士が激しく争う種類も、きびしい生息環境を生き抜くための適応である。 ラビリンスフィッシュとも呼ばれるこのグループは、ラビリンス器官(迷宮器官)と呼ばれる補助呼吸器官を鰓に持ち、これを使って空気呼吸を行うことで水中の低酸素にも耐えることができます。といっても補助的な呼吸器官なので、水槽で飼う場合は通常通りエアポンプで、酸素を供給するようにしてください。

グラミーはやや大きめの熱帯魚で、だいたい10~15㎝程度のものが多く、その中でも、『ピグミーグラミー』や『ゴールデンハニードワーフグラミー』などは成魚でも4㎝程度のサイズなので小型水槽の方にはこのような種類をオススメです。

この、『ドワーフグラミー』の仲間は、オスが『泡巣』と呼ばれる泡でできた産卵場所を作り、その中にメスが産卵をするという変わった繁殖方法をとります。初めて見ると「水槽内に異常な物が発生!?」と思ってしまうかもしれませんが、この時に婚姻色と呼ばれる体色の変化が表れている魚がいるはずなので、注意して探してみましょう。

ゴールデンハニードワーフグラミー、ブラックネオン、トランスルーセントグラスキャット、コリドラス(白コリ)、オトシンクルス、ブラックモーリー、ヤマトヌマエビ、の混泳ですね、それぞれ名前でわかりますか。


パール・グラミー

出典 http://www.otsuka-nettaigyo.com

パール・グラミー

通称:パール・グラミー
学名:Trichogaster leeri (Bleeker,1852)
分布:タイ、マレーシア、スマトラ、ボルネオ
サイズ:約12cm
水温:23~28度(22~32度)
pH:6.0~8.0(4.0~8.0)
水温、pHは最適な値と共に、()の中にある値は飼育可能な適応範囲を表しています。 熱帯魚は生き物ですので、数値はあくまで参考程度としてお考えください。

特徴
パール・グラミーは最も古くから親しまれている熱帯魚の1つです。  体表に現れる白いスポットが真珠に見える事からパール・グラミーと呼ばれています。 安価な魚ですが、写真のような婚姻色を表したオスは体表のパールスポット、腹部は朱色に染まり、背鰭と臀鰭が フィラメント状に伸び、非常に魅力ある魚に育ちます。 メスはオスほど派手ではありませんが、基本的な色彩は同様でオスのように腹部は朱色に染まらず、鰭もフィラメント状に 伸びることは無いため、成熟すると容易に判別することができます。

水質、水温共に適応範囲は広く、餌も人工飼料から冷凍のミジンコや赤虫など何でも良く食べます。  繁殖は雄が泡巣を作り産卵するバブルネストビルダーと呼ばれるタイプで雄が卵や稚魚を守ります。  パール・グラミーは一度に数千個もの卵を産卵しますが、産卵までは容易に行えるものの、稚魚が非常に小さく、 初期飼料がインフゾリアなどの極小サイズの飼料が必要の為、育成は難易度の高い魚です。

出典 http://www.otsuka-nettaigyo.com

二次性徴の現れていない若魚↑


------------------------------------

ドワーフ・グラミー

出典 http://www.otsuka-nettaigyo.com

ドワーフ・グラミー オス(上)メス(下)

出典 http://www.otsuka-nettaigyo.com

通称:ドワーフ・グラミー
学名:Colisa lalia (Hamilton,1822)
分布:パキスタン、インド、バングラディッシュ
サイズ:約5~6cm
水温:25~28度(22~32度)
pH:6.0~8.0(4.0~8.0)
水温、pHは最適な値と共に、()の中にある値は飼育可能な適応範囲を表しています。 熱帯魚は生き物ですので、数値はあくまで参考程度としてお考えください。

ドワーフ・グラミーはその美しさから古くから熱帯魚として親しまれてきた魚の1つです。  東南アジアで盛んに養殖されており、安価で入手できる美しい熱帯魚の1つと言えます。雄と雌では体色に大きな違いがあり、派手な雄に比べ雌は地味な姿のため、雌雄の判別は非常に簡単です。

餌はフレークフードなどの人工飼料から冷凍赤虫などまで何でもよく食べるため、餌に困ることはありません。 
水質についても適応範囲は広い魚ですが、水質の悪化に弱い面があり、ろ過の効いた水槽で飼育したい魚です。 
繁殖は良いサイズのペアを入手できればすぐにでも産卵可能な場合も多く、雄が泡巣を作り産卵する バブルネストビルダーと呼ばれるタイプで雄が卵や稚魚を守ります。  グラミーの仲間は産卵までは容易に行える種類が多いものの、稚魚が非常に小さく、初期飼料が インフゾリアなどの極小サイズの飼料が必要の為、育成は難易度の高い魚です。

ドワーフグラミーの改良種

出典 http://www.otsuka-nettaigyo.com

コバルトドワーフグラミーオス(上)メス(下)

出典 http://www.otsuka-nettaigyo.com

出典 http://www.otsuka-nettaigyo.com

オレンジ・ドワーフグラミー、(サンセット・ドワーフグラミー)オス(上)
メスはドワーフグラミーとかわりません。


------------------------------------

スリースポットグラミー

出典 http://webaf.biz

スリースポットグラミー

タイやマレーシアに分布するアナバスの仲間で「ブルーグラミー」とも呼ばれています。体色はブルーを帯びた銀灰色で18~20本のグレーの縞模様が入る。尾ビレの付け根と体側の中央にスポットがあります。背ビレ、尻ビレは淡い緑色に黄色の細かいスポットが散在する。腹ビレの一部はフィラメント状に長く伸長する。流れのゆるいところを好み溶存酸素が少ない所でもえらの一部が変形した補助呼吸器官をもっています。丈夫で飼い易く、繁殖も容易だがオスの気性が激しく、メスをいじめることがあるので、ペアを作るにはある程度大きな水槽が必要。餌は水生昆虫などを好み何でもよく食べますが、水草も食べてしまうことがあるので注意。熱帯魚ショップでも手に入りやすく改良品種などもたくさん出回っている。

飼育方法

水槽:60cm以上
体長:15cm
水温:23~30℃
水質:弱酸性~中性
餌:人工餌料、生き餌
注意点:やや気性が荒い。

繁殖
ウォータースプライトやリシアなどの浮き草水槽に投入しておきます。必ず水流があると泡巣が壊れてしまうので、ない状態にして下さい。浮き草の下にオスが泡巣を作り、オスがメスにからめるようにして産卵を始めます。卵は浮いて泡巣にくっつき、オスがそのうえから泡で卵をサンドイッチ状態にします。産卵を終えると2~3日で稚魚が生まれる。 グラミーの仲間は産卵までは容易に行える種類が多いものの、稚魚が非常に小さく、初期飼料が インフゾリアなどの極小サイズの飼料が必要の為、育成は難易度の高い魚です。


スリースポットグラミー(ブルーグラミー)の改良品種

出典 http://www.otsuka-nettaigyo.com

プラチナグラミー↑


出典 http://www.nettaigyo-zukan.com

ゴールデングラミー↑


出典 http://www.shopping-charm.jp

マーブルグラミー↑


------------------------------------

シルバーグラミー

出典 http://www.nettaigyo-zukan.com

シルバーグラミー

別名:ムーンライトグラミー
分布:タイ・マレーシア等
サイズ:13cm前後
特徴:全身メタリックシルバー菱形をしたグラミーです。
やや大型化するので小型魚との混泳には注意が必要です。
飼育は一般的なグラミーと同じで問題ない丈夫で飼い易い種類です。

飼い方
飼育は容易です。
水槽サイズは60cm以上のものを選びましょう。
水質はph5~7の弱酸性~中性です。
ろ過能力の高いファイルターを準備し、常に早めの換水を心がけてください。


アカムシ、イトミミズ、人工飼料などがよいでしょう。

水温は25℃~28℃が理想です。

混泳は可ですが小型魚との混泳の場合は気を付けましょう。
繁殖期になるとオスが攻撃的になるため、水草など隠れる場所を作ってあげましょう。


キッシンググラミー

出典 http://www.nettaigyo-zukan.com

キッシンググラミー

タイやスマトラなどの東南アジアの流れのゆるやかな所に生息しており、この仲間では大型になります。自然だと30cm程度まで成長するが、水槽飼育では20cmくらいまでしか大きくなりません。体色は灰褐色を帯び背部は濃く、腹部は淡い。口元から目の下にかけてメタリックなシルバーがはいります。キッシンググラミーは口と口を合わせ、まるでキスしているように見える行動で知られているが、これは愛情表現ではなく、闘争行動です。餌は人工餌料もよく食べますが、水ゴケや動物性プランクトンを好み、岩などを突っつくような行動をとります。丈夫で飼育は容易ですが、ほかの熱帯魚を突っついたり、やや気が荒いので混泳には注意が必要です。特にヒレが伸長したタイプのベタなどの尻尾などに噛み付いてしまうこともあります。産卵は泡巣を作らず、浮性卵を生む。産卵後の親が卵を食べてしまうことがあるので注意。稚魚は水質の急変などで白点病にかかりやすい。

飼育方法

適合水槽:90cm(W)×45cm(H)×45cm(D)以上
体長:30cm
水温:23~30℃
水質:弱酸性~中性
餌:人工餌料、生き餌
注意点:グラミーの仲間だが繁殖は泡巣を作らない。あまり強い水流は好まない。


ピグミーグラミー

出典 http://upload.wikimedia.org

ピグミーグラミー

タイやマレーシアなど東南アジアに分布する、グラミー最小の熱帯魚である。体色は半分から上はメタリックブルーと褐色の模様が入り美しい。オスのほうがメスよりもヒレの縁が赤くやや細身である。性質も温和で混泳も可能です。飼育は容易ですが稚魚のうちは弱い。ピグミーグラミーは小さいのでいじめられないように混泳する熱帯魚をうまくチョイスして下さい。非常に臆病なので飼育に際しては水槽に水草をたっぷり植え、隠れ場所を作ってあげると良いでしょう。

飼育方法

水槽:小型水槽以上
体長:3cm
水温:23~28℃
水質:弱酸性
餌:人工餌料、生き餌
注意点:臆病な性格

繁殖
産卵はオーバーハンディングした所に雄が泡巣を作る。ウォータースプライトやリシアなどの浮き草水槽に投入する。繁殖行動は雄が雌に巻き付く形で行われ、その後雄は素早く反転し卵を口で咥え泡巣へ運びます。ピグミーグラミーの産卵は卵は乳白色で50~100個程度である。稚魚の全長は約3㎜程度。 稚魚が極小のため育てるのが難しい。はじめはインフゾリアやゆで卵の黄身などを与えてからブラインシュリンプの幼生を与えます。


チョコレートグラミー

出典 http://webaf.biz

チョコレートグラミー

スマトラやマレーシアなどに分布しており、体色がチョコレートのような褐色に黄色っぽい縦縞がはいる美しい熱帯魚です。オスのほうが美しく、赤味がのりますがメスはやや地味。しかし、発情期のメスはゼブラチョコレートと呼ばれる深いメタリックグリーンと鮮やかなレッドの体色になります。水質の急変に非常に弱く、飼育が難しい。特に輸入時の状態が悪いものが多く、熱帯魚ショップで購入後、水槽へ導入する際は細心の注意を払う必要があります。また、縄張り争いなどで突付きあったりと同種間で争うこともあります。入門魚にはあまり向かないです。本種以外のグラミーを選ぶほうが無難。水槽の飼育水は弱酸性に保ち、60cm以上の水槽になるべくしてあげましょう。

飼育方法

水槽:60cm以上
体長:5cm
水温:25~30℃
水質:弱酸性
餌:人工餌料、生き餌
注意点:水質の急変には非常に敏感なので、水槽導入時は慎重に行う。

繁殖
ウォータースプライトやリシアなどの浮き草を水槽に投入し、PHは4.5~5.0の弱酸性のよくろ過が効いた綺麗な飼育水を用意する。チョコレートグラミーは「マウスブルーディング」という口内で卵を孵化させ、ある程度稚魚が大きくなるまで口内で育てるタイプです。産卵後は2~3週間メスが口の中で保護しその間餌はとりません。口から吐き出される時は4~5㎜程度まで成長しますので、はじめはインフゾリアやゆで卵の黄身などを与え、1週間程度してからブラインシュリンプの幼生を与えます。稚魚のうちは丈夫ではないので、水質に気を配りましょう。チョコレートグラミーの繁殖はやや難しいです。


スファエリクティス・バイランティ

出典 http://www.shopping-charm.jp

スファエリクティス・バイランティ オス(上)メス(下) 

出典 http://www.shopping-charm.jp

スファエリクティス・バイランティ

通称:スファエリクティス・バイランティ、ゼブラチョコグラ
分布:ボルネオ
サイズ:約5~6cm
水温:22~28度(22~32度)
pH:5.0~6.0(4.0~7.5)
水温、pHは最適な値と共に、()の中にある値は飼育可能な適応範囲を表しています。 熱帯魚は生き物ですので、数値はあくまで参考程度としてお考えください。

ボルネオに生息するチュコレートグラミーの仲間です。  成熟し、婚姻色をあらわしたメス個体はエメラルドグリーンとレッドのバンド模様となり非常に美しいグラミーです。

本種はチョコレート・グラミーと同様、酸性~弱酸性の軟水を好みます。  特に輸入されて間もない個体はデリケート面があり、良好な水質の環境を作り飼育するのがベストと言えます。初心者の方向けではありません、落ち着いてしまえば中性付近の水質でも問題なく飼育できますが、メスの美しい婚姻色を楽しみたいのであれば 弱酸性の軟水での飼育を心掛けるべき魚と言えます。  繁殖はチョコレート・グラミー同様、マウスブルーダータイプの繁殖方法で稚魚は最初からブラインシュリンプの捕食が可能です。


リコリスグラミー

出典 http://www.shopping-charm.jp

リコリスグラミー

マレー半島やスマトラなどの水草が茂った穏やかな流れの小川に生息する小型のグラミーです。パロスフロメヌス属 に含まれるリコリスグラミー は他にも10種ほどがあるがこれらの種を区別せずまとめてリコリスグラミーと呼ぶ場合が多い。飼い込むほど美しい体色になり、特にオスは繁殖期になると、体の背側と中程に縦帯が現れ、縦帯がくっきりと浮き出す。臆病な性質なので水草や流木などの隠れ家がを用意したい。弱酸性の軟水の飼育水が適しており、やや飼育が難しいので初心者には向かない。

リコリスグラミーは生餌を好むが、慣らせば人工餌料も食べるようになります。繁殖はオスが水底の物陰などに気泡を集め、泡の巣を作ります。



今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
  • http://yuga-asp.com/ad/116/711242
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

http://ap-asp.com/ad/7741/769713

カテゴリー

月別アーカイブ

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう