http://ap-asp.com/ad/7741/769713

注目の「ラスボラ ダニオ コイ科」とは?

熱帯魚

注目の「ラスボラ ダニオ コイ科」とは?
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
http://ap-asp.com/ad/7741/769713

淡水魚の中でももっとも大きなグループコイ科の熱帯魚



アジアを中心に繁栄するコイ科の魚は、2400種を超える種類が知られており、淡水魚の中でももっとも大きなグループです。口の中には歯を持たず、のどに咽頭歯と呼ばれる歯を持つことが特徴の一つです。口ひげを持つものも多く、また一部を除き脂ビレを欠きます。

アジアの熱帯域にも多く生息しているため、観賞魚としてもポピュラーで、多くの種類が東南アジアで養殖され、日本に輸入されてきます。

観賞魚としては、ヘテロモルファなどのラスボラの仲間、ゼブラダニオなどのダニオの仲間、バルブと呼ばれるプンティウスの仲間などが有名です。5cm前後の小型魚が多いのですが、中には最大で3mに達するパーカホーもおり、稀にアクアリウムルートでも輸入されてきます。

カラシンの仲間と同じくポピュラーなグループですが、一部の養殖魚を除けば、どちらかと言えばマニア受けするグループかも知れません。

出典 http://www.nettaigyo-zukan.com

アカヒレ

分類:コイ科 ラスボラ科
学名:Tanichthys aibonubes
別名:コッピー
分 布:中国広東省
サ イズ:4cm
特徴:コイ科の中でも特に良く知られて魚の一種。中国原産の魚で比較的低水温にも耐えられるので初心者でも気軽に飼育できるのも魅力です。

飼い方
基本的には、ヒーターが無くても飼育は可能。金魚用の飼育水槽などでも飼いやすい。底砂は濃い色の物のほうがキレイに見える。水草は、産卵床にもなるウィローモスなどがおすすめ。


人工飼料、冷凍赤虫など。

水温
25℃前後。低水温でも飼育は可能だが、病気、餌食いなどの面でヒーターは設置したほうが良い。

混泳
温和でおとなしい為、小型のカラシンなどと混泳が可能。


出典 http://www.nettaigyo-zukan.com

スマトラ

分類:コイ目 コイ科
学名:Puntius tetrazona
分布:スマトラ ボルネオ
サ イズ:5㎝

特徴:改良品種も多く様々なカラーが有りバリエーションを集めるのも面白い。丈夫で飼いやすいのも魅力の一つ。

飼い方
基本的に丈夫な魚で、小型水槽での飼育も可能、柔らかい水草は食べてしまう事もあるので注意が必要。底砂は濃い色の物を使用するとキレイに見えます。


人工餌、冷凍赤虫など。

水温
水温は26℃前後。

混泳
体高があり、動きも早いのでエンゼルフィッシュなどとの混泳が可能。
気が荒いので、おとなしい小型の魚はつつかれてしまうこともあるので注意しましょう。


出典 http://imgcp.aacdn.jp

ゴールデンバルブ

分類:コイ目バルブス亜科
学名:Puntiussachsi
別名:なし
分布:マレー半島
サイズ:4㎝
特徴:丈夫で飼いやすいためビギナーにもオススメの魚。独特の黄色の体色で水槽内でも目立つ存在です。グリーンバルブの改良品種とも言われますが詳しいことは不明です。


飼い方
丈夫な種類なので飼育は簡単です。柔らかい水草は食べてしまうこともあるので注意が必要です。底砂には他のコイ科の魚同様弱酸性の水を好むのでソイルがオススメです。


人口餌、冷凍赤虫

水温
水温は26℃前後

混泳
最大サイズ4㎝前後のためあまり小さな魚との混泳は注意が必要です。


出典 http://imgcp.aacdn.jp

ロージィバルブ

学 名:Puntius conchonius var.
通称名:ファイヤーバルブ
英 名:Rozy Barb、Fire Barb
分 布:アフガニスタン、ネパール、インド、バングラディッシュ、
サイズ:5cm
Temp :20-25℃
pH  :6.0-8.0


ロージィバルブの1タイプで、ファイヤーバルブとも呼ばれる。赤の発色を強調したタイプで、まるで人工的に色あげされた様な印象を受ける。古くから観賞魚として親しまれています。

飼育は簡単で、水質悪化への順応性も高く、餌は何でも食べる。さすがバルブだと言える魚で、環境への順応性はとても高い。やや活発な向きがあるので極端に大人しい魚との混泳では注意が必要。

あくまでも繁殖用の環境を整えてやることが前提ですが、繁殖も容易な部類です、グッピーなどの様に、勝手に増えることはない。


出典 http://www.nettaigyo-zukan.com

チェリーバルブ

学 名:Puntius titteya (Deraniyagala,1929)
通称名:
英 名:Cherry barb
分 布:スリランカ
サイズ:5cm
Temp :23-27℃
pH  :6.0-8.0

古くから商業的養殖が取り組まれており、安価に流通し、飼育も容易。餌も人工飼料、生き餌問わず、何でも良く食べてくれ、水槽内で活発な泳ぎをみせてくれる。

状態良く飼い込まれた雄は、体全体が深みのある赤色に染まり、同種を複数群泳させると非常に映える。安価ながらも、熱帯魚の魅力を十分に堪能させてくれる魚。

まれに、野生の採集個体も入荷し、若干の色彩変異が存在する事が知られている。小型でおとなしい性格のため小型カラシンとの混泳がオススメ。


出典 http://imgcp.aacdn.jp

ラスボラ・ヘテロモルファ

学 名:Trigonostigma heteromorpha (Duncker, 1904)
通称名:
英 名:Harlequin rasbora
分 布:インドネシア、スマトラ島
サイズ:4cm
Temp :22-25℃
pH  :5.0-7.0


体側後半の三角の模様が特徴的で、古くはその模様から『バチ』とも呼ばれています。オレンジの体色とバチ模様の対比が美しく、今なお人気の衰えないポピュラー種。水槽内にある程度まとまった数を入れると、中層で群れを作ります。水質は弱酸性の方が本来の体色が楽しめます。 ラスボラの仲間は低い水温を好むので夏場の高水温には注意が必要です。

1999年に新属として記載されたトリゴノスティグマ属に移行されたが、語感が悪いこともあり、現在でも以前の属名ラスボラの名で呼ばれることが多い。

餌は何でもよく食べ、飼育も容易。ただ、繁殖となると低めのpHを維持するなど難しいため、流通個体も現地からの採集個体。飼育に際しては、pHなどの水質に気を使わなくとも問題なく飼いくできますが、酸性の落ち着いた飼育水の方が美しい色彩を引き出すことができます。

安価で美しく、協調性も高いので、水草レイアウトのタンクメイトとしても人気が高い。若干の相違がある、数種の変異個体がいることが知られている。温和で小型魚となら問題なく混泳可能です。


出典 http://imgcp.aacdn.jp

アルジイーター

学 名:Gyrinocheilus aymonieri (Tirant, 1883)
通称名:アルジーター
英 名:Algae eater
分 布:メコン川、チャオプラヤ川、マレー半島北部
サイズ:28cm
Temp :25-28℃
pH  :6.0-8.0


幼魚のうちは、付着藻類を好んで食べることから、古くからコケ取りとして用いられてきました。しかし、10cm程度に成長すると、気性が荒くなり、余りコケも食べなくなり、特に人口飼料に餌付いてしまうと、藻類には殆んど見向きもしなくなる傾向があります。そういった理由から、小さいうちは良いが、だんだん飼育を持て余してしまう代表的な魚と言えるだろう。

水質への適応能力は高く、人口飼料にも簡単に餌付くことから、飼育そのものは簡単。水質は中性付近を好むが、適応範囲は広いため販売時の状態さえ悪くなければ、飼育はいたって簡単。

コケ取り約としてみた場合、余りお勧めできる種類ではありません。

黄変種(ゴールデンタイプ)のゴールデンアルジイーターも良く目にする。飼育は、ノーマル種に順じます


出典 http://imgcp.aacdn.jp

サイアミーズ・フライングフォックス

学 名:Crossocheilus siamensis (Smith, 1931)
通称名:
英 名:Siamese algae-eater
分 布:タイ
サイズ:16cm
Temp :24-26℃
pH  :6.5-8.0


幼魚のうちは藻類を好んで食べますが、期待したほどの働きをしません。水草などの表面を積極的に啄ばむ様子を観察できるので、藻類の抑制には貢献しているとは思います。葉の表面に付着した藻類の胞子を含め、微生物や有機物を食べていると思われます。

他の藻を食べる生体が食べない黒ひげ藻への対策に効果的とされますが、口で食むことはあっても、引きちぎってまで食べる様子はありません。とは言え、逆の意見も多く聞かれるので、効果の程は不明としておきます。

雑食傾向が強く、他の魚に与えた各種飼料を、積極的に口に食べます。人口飼料などに餌付いてしまうと藻類を口にしなくなるといわれますが、その様な状況下でも水草などを食む行動は常にみられます。

以前は上記の名称で複数種が販売されることも多かったが、最近では人気のせいか、区別して販売されていることが多い。外観が似ているが、性格のきつい種類もいるので注意が必要です。

水草水槽での脇役的な扱いをされる本種は、飼育そのものは容易。また協調性はすこぶる高く、他種を攻撃するようなことはほとんどありません。一見シンプルな外見ですが、愛嬌のある動きはみていて飽きません。時折見せるトリッキーな泳ぎは、少々忙しなくも感じますが…。


出典 http://i0.wp.com

ゼブラダニオ

体色がやや黄みがかっており、メタリックブルーの横縞が美しい魚です。熱帯魚としては古くから親しまれています。活発に動き、水草をレイアウトした水槽によくマッチします。餌はよく食べ、丈夫なため飼育は容易で初心者にも向きます。混泳も問題ありません。ゼブラダニオはロングフィンタイプもあります。ゼブラダニオの繁殖は粘着性のない卵を水底にばらまくように生むため、親魚や他の熱帯魚が食べてしまうので、大きめの砂利を敷き詰めるか、ショップで販売されている繁殖ネットを利用して食べられないようにします。ゼブラダニオの産卵自体は簡単です。

飼育方法

小型水槽以上
体長:4cm
水温:22~28℃
水質:弱酸性
餌:人工餌料、生き餌
注意点:特になし。


出典 http://imgcp.aacdn.jp

クラウンバルブ

学 名:Puntius everetti (Boulenger, 1894)
通称名:
英 名:Clown barb
分 布:ボルネオ、スマトラ
サイズ:15cm
Temp :24-30℃
pH  :6.0-6.5


赤みを帯びた体色に、体側に入る黒い斑紋が特徴。協調性は悪くないですが、15cm程度とやや大きくなるために、中型バルブ同士や大人しめのシクリッドなどとの混泳が向きます。できれば、90cm以上の水槽で飼うと良いでしょう。飼育は中性以下のこなれた水質で管理すれば容易。

丈夫で餌食いもよく飼育しやすい魚ですが、近年ではこれらの中型バルブは人気にかげりがみえはじめ、取り扱わないショップも多くなっってきました。繁殖はやや難しい。バルブだからといって簡単に増やせる魚ではないようだ。


出典 http://imgcp.aacdn.jp

ネオンブルー・ハチェットバルブ

学 名:Chela cachius(Hamilton, 1822)
通称名:
英 名:Silver hatchet chela
分 布:パキスタン、インド、バングラディッシュ、ミャンマー
サイズ:6cm TL
Temp :22-26℃
pH  :6.8-7.5


体側がネオンブルーに輝く、シックな美しさを持つケラ属の一種。同種間ではやや小競り合いをする面があるので、水草がたっぷり植えられたような環境で飼育する。人工飼料にも餌付き、飼育は容易。


出典 http://webaf.biz

シルバーシャーク

タイや東南アジアに生息する大型魚です。シルバーの体色と黒で縁取られたヒレが特徴です。サメに似たシャープな泳ぎで古くから人気がありますが、サメの仲間では無く大型バルブ(コイの仲間)です。水槽飼育では15㎝程度までしか成長しないことが多い。シルバーシャークは見かけによらず性質は温和で混泳は問題ありません。ただし、活発に泳ぎ回るので大きめの水槽で飼育したい。餌は雑食性でコリドラスタブレットなど何でもよく食べ飼育は容易です。以前は高価な価格で販売されていましたが、東南アジアで繁殖された個体が安価で日本に輸入されるようになり、気軽に飼えるようになりました。自然下では20年も生きる長生きの個体もいるので大切に飼育しよう。

シルバーシャークの飼育方法
水槽:90cm(D)以上
体長:40cm
水温:23~28℃
水質:弱酸性~中性
餌:人工餌料、生き餌
注意点:大きめの水槽を用意

シルバーシャークの繁殖は個人で成功させた例を聞いたことがありません。東南アジアで養殖されているものはホルモン剤を打ち繁殖をさせているようで、自然繁殖はかなり難しいです。水族館での成功例は中性の飼育水で27℃に保ち、しばらくすると水底にばら撒くように産卵したそうです。もし、水槽下で繁殖を成功させたらしっかりと写真などの記録を取っておくと良いでしょう。実際の所水槽での繁殖例が少ないためよくわかっていません。


出典 http://webaf.biz

レッドテール・ブラックシャーク

タイなどの東南アジアに分布しています。名前の通りブラックのボディーで尾びれが真っ赤で、水草でレイアウトされた水槽によく映える。飼い込んでいくにつれさらに美しくなります。レッドテール・ブラックシャークは見た目は可愛らしいですが性質が荒く混泳には不向き。同種間でも強い魚だけが餌を独占する傾向があります。なんでもよく食べますが、草食傾向が強いため、植物性原料を主成分とした餌を与えるとよい。現在、東南アジアで、ホルモン剤を使用した繁殖方法が確立しており、幼魚が安価でコンスタントに輸入されています。品種改良されたアルビノタイプもある。

飼育方法

水槽:60cm以上
体長:10cm
水温:23~28℃
水質:弱酸性~中性
餌:人工餌料、生き餌
注意点:レッドテール・ブラックシャークは気性が荒い


出典 http://webaf.biz

オレンジグリッター・ダニオ

ミャンマー北部のイラワジ川原産のコイの仲間です。美しいボディーに不規則なオレンジ色のラインが入るのが特徴です。水槽内を活発に泳ぎ回り群れで飼育する事をお勧めします。

水質は原産地同様の中性が適していますが、実際の水槽内では水質、水温ともに適応力があります。餌は冷凍赤虫から人工飼料などなんでもよく食べ、飼育しやすい魚といえる。

繁殖も容易で、ほかのダニオ同様バラ撒きタイプの産卵をします。

ミャンマーは軍事政権だったことなど政治的な理由から、中々流通していなかったのですが、近年ミャンマー産の熱帯魚が流通するようになりました。

飼育方法

水槽:45cm以上
体長:3~4cm
水温:20~26℃
水質:中性
餌:人工餌料、生き餌
注意点:


出典 http://upload.wikimedia.org

出典 http://webaf.biz

ドクターフィッシュ

西アジアの淡水に生息するコイの仲間で、本名は「ガラ・ルファ」。
トルコなどでは、温泉に住み、雑食性で入浴者の皮膚の古い角質を餌として食べるという非常に珍しい熱帯魚です。歯がないので噛まれても痛くありません。皮膚病を治療するといわれることから、ドクターフィッシュとして知られており、ドイツでは国が認めた保険治療になっている。通常の餌は石についたコケや昆虫などを餌にしています。なぜ、人間の皮膚を食べるのかはよくわかっていません。水温は37度程度まで生存できます。熱帯魚ショップというよりも、温泉などでドクターフィッシュ・セラピーとしてのほうが有名だ。日本にも輸入販売されているが、熱帯魚ショップでは手に入りづらい。


出典 http://webaf.biz

ボララス・マキュラータ

マレーシアやインドネシアなど東南アジアに分布するラスボラの仲間の最小種。ボララス属ができる以前はラスボラマクラータ(マキュラータ)と呼ばれていました。赤みを帯びた体に3個の暗青色のスポットがあり、背ビレ、尻ビレの前端は黒く縁取られています。生息域が広いため地域個体差があります。非常におとなしい性格で、混泳させる際は小型で温和な熱帯魚以外はできれば避けたい。
水槽の下層から中層をゆったりと泳ぎ、静止していることも多い。餌はミジンコ・イトミミズなどの生き餌を好み、人工餌料もよく食べます。水質があえば繁殖もそれほど難しくありません。小型水槽にピートを使って水質調整した水を貼り、その中にウィローモスを入れておけばわりと簡単に産卵します。稚魚はかなり小さいのでインフゾリアで育て、ある程度大きくなったらブラインシュリンプの幼生を与えます。 別名:ボララス・マクラートゥス

飼育方法

水槽:小型水槽以上
体長:2.5cm
水温:22~27℃
水質:弱酸性~中性
餌:人工餌料、生き餌
注意点:気が弱いので混泳に注意


出典 http://webaf.biz

ブラックルビー

スリランカ南部に生息するバルブの一種。体高が高く、体色は赤みがかった褐色に不鮮明な黒色の縦縞が頭部に1本、体側に2本通っている。普段は赤いオスの頭部が繁殖期になると真紅色に変わり、各ヒレが銀白色に縁取られます。成魚のオスはひれが長くメスのヒレは透明。水質にうるさく弱酸性の軟水を好み飼育はやや難しい。性質はやや荒く他の熱帯魚に噛み付いたりするので注意が必要です。餌は生餌や人工餌料など何でもよく食べます。繁殖は水草に300~500個の卵を産み付けます。

飼育方法

水槽:小型水槽以上
体長:5cm
水温:23~28℃
水質:弱酸性
餌:人工餌料、生き餌
注意点:性質が荒い。


藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • http://yuga-asp.com/ad/116/711242
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

http://ap-asp.com/ad/7741/769713

カテゴリー

月別アーカイブ

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。