http://ap-asp.com/ad/7741/769713

熱帯魚のもう一つの楽しみ方、水草水槽のすすめ

熱帯魚

熱帯魚のもう一つの楽しみ方、水草水槽のすすめ
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
http://ap-asp.com/ad/7741/769713

水草を主役にした、アクアリウム



アクアリウムとは広い意味で水生生物の飼育設備というふうに考えられます。例えば、水族館のような大型設備もアクアリウムと呼ぶこともあれば個人が水槽で金魚や熱帯魚などを飼育するような場合もアクアリウムと言います。

そんなアクアリウムの中でも水草を水槽内の主役にして自然な環境を作り上げ微生物のろ過が機能し、水槽内に自然の水景を作り上げるのがネイチャーアクアリウムです。

ネイチャーアクアリウムでは水草が元気に育ち、綺麗な水草水槽を作り上げ、魚たちはこの水草をひきたてるための脇役と考えます。

水草は、アクアプランツ、ウォータープランツ、aquarium plants などと呼ばれ世界中で人気が高まっています。世界中のアクアリストを虜にするネイチャーアクアリウムも熱帯魚飼育の一つの考え方だと思います?

水草育成はそんなに難しいものではありません。水草の種類ごとの特徴や育て方、水質管理に対する正しい知識と多少の経験さえあれば熱帯魚などが優雅に泳ぐ綺麗なネイチャーアクアリウムを作り上げることも可能なのです。

はじめての水草水槽

水草水槽をはじめるには熱帯魚やメダカ飼育の方法とは別に水草の生長を助けるための環境を整えてあげる必要があります。

初心者の方がよくやってしまうのが、ショップに熱帯魚やメダカを探しに行ったときに綺麗な水草を見つけて購入し水槽に入れてしまうことです。

魚だけでは若干殺風景だった水槽が水草により華やかになりますので嬉しいものですが、この場合、水草の育つ環境を考えずに投入した水草はさほど長持ちはせずに徐々に元気が無くなっていってやがて溶けるように消えてしまいます。

自然界では、水草と熱帯魚は共存しているわけですからまったく生息環境が違うとはいいませんが水槽内では熱帯魚飼育環境=水草が元気に育つ環境ではないです。

このことを考えずに水草水槽をはじめてしまうと大概は水草が溶け出したり、黄色くなって枯れてしまうということがおきてしまいます。

このようなことを体験してしまうと水草育成って難しいと思われてしまうかもしれません。熱帯魚飼育もそうですが水草水槽は多少の知識と経験があれば決して難しいものではありません。

水草の育つ環境と熱帯魚の育つ環境との違いとはなんでしょうか?

水草育成に必要な要素をしっかり理解することで誰でも緑鮮やかな水草水槽を作り上げることができます。

水草とは水中に生息する草(たまに水上に顔を出すこともありますが)ですので植物です。その植物が育つ為に必要な要素をしっかり考えて水槽管理をしていく事が大切なのです。

水草は植物ですので光合成を行います。植物が光合成を行う為には光と二酸化炭素、そして栄養が必要となりさらには光合成を活発に行わせる為には水温管理や水質管理も重要な項目となります。

水温管理や水質管理については後々としてまずは光合成に必要とされる光と二酸化炭素、そして栄養について考えてましょう。

庭に咲いている草花であれば太陽によって光は供給され、二酸化炭素も特に意識をしなくても足りているはずです。よって育成者が意識するべき事は枯れないような適度な水やりと肥料でしょう。

しかし室内にある水槽では庭先などでは意識をしなくても充分に足りていた光や二酸化炭素でさえ不足しまうことがあるのです。

アクアリウム水槽と言う環境で植物が育つためには光、二酸化炭素、栄養等光合成に必要とされる要素の全てを意識し環境を整えてあげなければならないのです。


水草の成長に絶対に必要な物の一つ目が光・照明です。植物の成長における仕組みとして光合成があります。光合成とは植物が光によって二酸化炭素と水を使い、でんぷんなどの栄養分を作りだすことです。このとき同時に酸素が作り出されます。光量が不足すると植物が光合成を正常に行う事が出来なくなってしまいます。

60cmの熱帯魚を飼育する水槽では20w蛍光灯1本でも充分ですが水草水槽では最低でも20w2本は必要で、育成する水草によっては、最低3本ぐらいは欲しいです。照明は水草の育成に絶対必要なほか水草を非常に色鮮やかに美しく見せる効果もあります。しかし、ただ強い光を長い時間あてればいいというものでもなく、光が強すぎると藻類の発生原因にもなってしまいます。また水草は昼間は光により光合成をおこないますが夜は呼吸を行うため必ず照明は消してください。

照明点灯時間は8時間~12時間くらいが理想です。照明の点灯時間はプログラムタイマーなどを利用し規則正しい管理を心がけてください。毎日ばらばらな点灯時間はコケ類の発生原因を加速させてしまい、消し忘れなどによる点灯時間過剰は最悪のコンディションを作り上げてしまいます。

アクアリウムの照明と言えばひと昔前までは蛍光灯と決まっていましたが昨今のアクアリウムブームを受けて各メーカーより様々なタイプの器具が市販されています。

選択の幅が広がるという面ではいいことなのですが初心者の方はどのような照明器具を選べばいいのか迷ってしまわれると思います。

大きく分ければメタハラ(メタルハライドランプ=高輝度放電ランプのことHIDともいわれる)、LED、蛍光灯ですがまずは「蛍光灯」を使用してください。

あくまでも水草を元気に育てることを大前提として照明は選ぶべきでありその実績が一番長いのが蛍光灯なのです。長年の実績があり購入時の経費があまりかからないのが蛍光灯の最大の魅力でもあります。

もしメタハラやLEDを使用するのであれば初めに蛍光灯を使用して水草がうまく育つようになってから2台目や交換機種として使用することをお勧めいたします。

・蛍光灯のメリット

1.水草育成実績が豊富(これで育たない水草はない)
2.LEDよりも広い波長をカバーできる
3.種類も多く、選択肢が豊富
4.蛍光ランプを取り替えることで、色、明るさを変更可能
5.コストパフォーマンスに優れる

・蛍光灯のデメリット

1.使用を続けると、蛍光灯の明るさが減少し、半年程度で交換の必要がある。

●LEDの特徴

昔は、LED照明は水草育成に不向き、という考えが一般的でしたが、最近は技術の進歩で、各メーカーが水草育成向きの光を出すLED照明を発表してきました。
ネットで探してもLEDで育てているアクアリストは多いですし、実際にショップにいけばいくらでもLEDのみで育てているきれいなレイアウト水槽を見ることができます。

他の照明タイプにも言えることですが、もちろん製品によります。ただ、特にLEDは育つ育たないがはっきりわかれる商品のように思います。これが蛍光灯をおすすめする理由です。蛍光灯はLEDに比べ当たり外れがすくないんです。なのでLEDを購入するときには、製品の評判を見て、水草育成実績があるかをしっかり確認してから購入することをおすすめします。

・LEDのメリット

1.ランニングコスト・電気代が安い
2.長寿命(アクアスカイで30,000時間以上使用可能)
3.インテリア性が高く、水槽全体として見栄えがいい
4.本体の重量が軽め
5.光の色を選べる商品もある

電気代は蛍光灯やメタハラに比べ多少安めです、また、寿命が長いためメンテナンスの必要性が減少します。

LEDは本体を薄くできるため、インテリア性が高い傾向があります(個人的に)。また、光の色を変えられる機能がついたものもあり、青色の光にして水槽を青く照らすことも可能です。こういった光の色の変化機能がついている商品の多くは水草育成には不向きですが生体メインの水槽や、光量を必要としない水草のみの水槽などで使用すれば部屋のおしゃれ度がいっきにアップです。
アフリカンランプアイなどの目が光る魚は特に薄暗い青い光をあてるとより一層目が光って見えるのでおすすめです。

・LEDのデメリット

光合成に必要な波長をカバーしきれない(赤系の波長が不足している)
LEDの寿命が切れると、本体ごと買い換える必要がある

●LED照明の水草育成に対する批判的な意見

LEDに関しては批判的な意見も多いのが現状で、どのLED照明であっても現状水草の育成に必要と言われている「赤色系の波長が不足」しているところでしょうか。

ただ、赤色系の光がなくとも水草が育っている現状がありますので、もしかしたら波長をカバーしきれていなくても「明るさ」が確保されていれば育つのかもしれませんね。

●LEDを選ぶときに重要なこと

確かに光合成に赤色系の色を使うかもしれないし、LEDは赤色の波長をカバーできない商品が多いのかもしれません。でも実際にLEDで育てている水槽は数多く存在しています。これが事実です。

つまり何が言いたいかというと、LEDでも十分育成可能な商品はあるけど実績のある商品か確認してね。ということです。難しい水草を育てるつもりならネットで検索してその商品でその水草が育っているのかを確認してください。

ただ、そのような条件で、となると基本的には高価格帯の商品ラインナップを選択することになります。蛍光灯であれば、中の蛍光管を変えることで、本体が安くてもある程度リカバリーできるのですが、LEDの場合取替というと本体の買い替えしか手段がありません。低価格帯のものは光量や波長が水草向きでない商品もありますので、そこは注意が必要です。

●こんな時にLEDがおすすめ

・生体メインの水槽

水草を育てないのであれば、低価格ラインナップで十分ですので、その場合にはLEDを選択して問題ありません。蛍光灯の低価格ラインナップよりもおしゃれな形のものが流通していますので、光量を必要としないなら「見た目」で決めていいかと思います。

・水槽のインテリア性を高めたい

蛍光灯やメタハラに比べ、圧倒的に本体を薄くできます。そのため軽いですし、何よりインテリア性が非常に高い商品が多いです。また、光の色を替える機能がついたLED照明も販売されていますので、雰囲気に合わせて水槽の印象を変えることが可能です。

・蛍光管の買い替えがめんどくさい

蛍光管は半年程度で買い換える必要があります。LEDは数年単位でもちますので、メンテナンスは多少減ります。

●メタルハライドランプの特徴

野球場で使われている照明と同じ種類のものが使われています。
水槽の上に置くのではなく、上部から吊り下げるタイプの照明ですので、水槽掃除の際にいちいち照明をどける、ということをする必要がありません。

すべての照明の中で最も強く、最も太陽光に近い光を出します。
また、光の特徴として、「点光源」で「直進性が強い」ことがよく挙げられます。つまりは横道にそれず真下に光が落る、ということです。
水深が深い場合、底まで光が届きやすく、点光源ですので真下と真下以外の箇所とで光のあたり方に強弱ができ、陰影ができやすい光といえます。
自然の雰囲気を出すのには最も適した光ですが、真下以外に影ができやすいので、影にある水草は育ちにくいです。

複数台設置するか、影になる部分に陰性植物を上手くレイアウトするテクニックが必要になります。ただし本体価格が他のものよりも高い上、稼働中は高温になるため注意が必要です。また、強すぎる光のせいで、蛍光灯とは違った育ち方をする水草もありますので、そこは注意が必要です。

・メタルハライドランプのメリット

1.吊り下げ方式なので水槽の上部が空き、作業がしやすい
2.点光源で、光の直進性が高くレイアウトに陰影ができ雰囲気が出る
3.圧倒的に明るい
4.長期使用による光量の現象が起こりにくい
5.光合成に必要な波長を最もカバーしている、太陽光に最も近い光を放つ

・メタルハライドランプのデメリット

1.水草が他の照明とは異なった育ち方をすることがある
2.稼働時は高温になる
3.高音になるため、水温・室温が上昇しやすい
4.かなりまぶしく、設置場所次第では視界の邪魔になる
5.設置した真下以外に影ができやすく場所によって水草が育ちにくい
6.光が強すぎるため、コケが発生しやすい
7.本体価格が非常に高価
8.中の電球が非常に高価(¥1,0000以上)
9.吊り下げるためのスタンドが別途必要になる

あまり初心者向きとはいえませんので、
はじめてのアクアリウムでの購入はおすすめできません。

・海水水槽

サンゴ礁を育てる場合、LEDや蛍光灯では不足する可能性が高いためメタハラの使用が普及しています。海水は経験がないのでよくわかりませんが、光量を与えることで、珊瑚の成長が促進されるようです。

太陽光はアクアリウムに不向き?!

観葉植物などを育てているときは日差しの差し込む窓際などは非常に良い環境と言えます、しかし、水草水槽などはそのような場所はあまり向いていないことをご存知でしょうか、なぜ?ってお思いでしょうが・・・

水草は植物ですので太陽の光は水草の成長にとって非常に大切なものです。しかしアクアリウムなどのように水槽で水草を育成している時には、問題が発生してしまう原因の一つになってしまいます。

太陽光は光が強すぎるために水草成長の効果と共に多くの植物性プランクトンも活性化してしまい水槽内がグリーンウォーター状態になったり、コケが発生してしまうのです。

さらに夏場は窓際などに置いた水槽はあっという間に高温になってしまいます。

冬は日照不足や外気の影響で水温の低下がおき、必要以上にヒーターの稼働率を高める結果にもなってしまい電気代もかかってしまいますのでやはりそのような事は避けたいところです。

水草を育てるには光は必要ですが太陽光は強すぎるし、管理がしにくいので入り込まないようにしましょう。

水草は就眠運動といって、明るい時に葉をいっぱいに広げ光をたくさん受けとり、暗くなると葉を閉じ休息状態に入ります。この周期を一定に保つことで水草は健康に発育することができます。水草に理想の条件を与えてもこの周期がばらばらになってしまうような不規則な点灯時間などでは成長のリズムを崩してしまいますのでできるだけタイマーなどを利用し規則正しい点灯をおこなうことが重要になってきます。蛍光灯を消している時間に室内の照明や太陽光などの影響で水草が水槽の蛍光灯の方向とは違った方に頭を向けるときがありますがこの状態も就眠運動を行えないため成長リズムは崩れてしまいます。このような状態のときは水槽の周りをシートなどで囲ってあげて明暗のメリハリをしっかりつけてあげることが必要です。

長時間にわたり弱い光を当て続けることもコケを発生させやすくなりますので水槽の照明は育成する水草の種類により適正な明るさを確保しつつ、タイマーなどを利用して規則正しい照射時間を心がけましょう。照明は魚のためより水草を生き生きとさせるためを考えて設置しましょう。

底砂の役割

水槽の底にはソイルや大磯砂などの底砂を敷くことが一般的となっています。底砂を敷くことにより水槽内に自然感を出しやすい上に水草を固定しやすいといったメリットがありますが底砂はその他にも水槽内で大きな役割があります。

底砂の役割の一つ目がバクテリアの住処です。自然の川や湖などは汚れた水はろ過装置がなくとも時間の経過とともに自然に浄化されていきますがそこにはろ過バクテリアの働きが関係しています。

水槽内は自然の環境と違い、小さなスペースの中で水が汚れるスピードは自然の川や湖に比べると比ではありません、それでもろ過バクテリアを育てることで水質を維持することができるのです。

水槽内でろ過バクテリアを増やし、活発に活動させるために底砂は大きな役割を担っているのです。底砂の表面に住みついたろ過バクテリアは徐々に数を増やし有機物の分解活動をはじめますが底砂などの定着物がない水槽では、ろ過バクテリアの数が増えずに生物ろ過の仕組みを作り上げる事が難くなってしまいます。

底砂のもう一つの役割が水草への栄養供給です。ひと昔前までの大磯砂を底床としていた水槽などでは底床そのものに肥料成分は含まれていませんでした、水草レイアウトが盛んになり、そのころから市販されているソイルなどでは水草が必要とする栄養素、腐植酸を含んでおり、ソイルを敷くことで水草が元気に育ちやすい環境を簡単に作ることができます。

底砂には色々な役割があり、水槽内のpH維持にも関係しています。pHとは水が酸性に傾いているか、アルカリ性に傾いているかを示す指標ですがこのpHは水草を育成するためには非常に大切な管理項目となります。

日本の水道水はほぼ中性付近のため水草を育てやすい水質となのですが水槽内に底砂を入れることにより底砂本来の成分の影響を使い水質を弱酸性に傾けたり弱アルカリ性に傾けたりすることができるのです。

このように底砂は水草育成にとって大きな影響力をもっていますので、使い方や維持、管理を間違えると悪影響を及ぼしますのでその点について各底砂ごとにご紹介いたしま

大磯砂==熱帯魚飼育では、最もポピュラーな天然砂で熱帯魚や水草、金魚、メダカ飼育など一般に広く使われている底砂素材です。もともとは大磯海岸で採取されていたためにこのような名前がついていますが現在は採取禁止のため、東南アジアから輸入されているものが多いようです。

他の底砂に比べるとろ過バクテリアの住みつきが弱いですが砂が汚れなどで目詰まりをしても洗うことにより半永久的に使用できますので初心者には一番扱いやすい底砂とも言えます。

大磯砂は水質を弱アルカリ性に傾けやすく、総硬度を上昇させやすい性質がありますので酸性で軟水を好む生体や水草には適しません。

ソイル系水草用砂==水草育成のために開発された底砂で、水草の根つきも良く、軽いのが特徴です。水草に必要な栄養分を含んだ土を焼き固めたもので水槽のなかで崩れにくいように開発されたものなのですが他の底砂のように手荒く洗うと崩れだしてしまうので頻繁な掃除はしないようにしましょう。

セット初期の水草が育っていない時期にはPHや硬度が高く、また水草による栄養吸収が少ない水槽では水に黄ばみのようなものが見られることがあります、この場合、水替えや活性炭による吸着を行なってください。

水草の成長は他の底床とは比較にならない位ですが唯一の欠点としてはソイルには寿命があり使い込むことにより粒が崩れ目詰まりを起こすことがありますそうなると底床の通水性が悪くなり根の成長障害を招くこともありますのでそのような場合にはソイルの交換が必要となってきます。

焼成砂==天然の石を高温殺菌することで有害な微生物などを排除したもので素材によっていろいろな色が選べるのが特徴です。しかし石を砕いて作られる為、底砂をあさるようなコリドラスなどには不向きです。

珊瑚砂==珊瑚を砕いたものなので水質をアルカリ性に変える働きがあります。よって珊瑚砂は淡水魚には不向きで海水魚飼育などによく用いられるもので水草育成にははっきり言って不向きです。

このような種類の底床がありますが水草水槽では断然、ソイルの使用をお勧めします。

-----------------------------------

水草水槽の邪魔者『コケを生やさない』ことが一番のコケ対策

『コケ』が生えるのはある意味、水槽の環境が整ってきているという事です。
とはいえ、コケは一度生えてしまったらあっという間に水槽中に繁殖してしまいます、しかも、始末をしようと思うとすごく厄介な存在です。

コケ対策にとって一番効果的なのは『コケをできるだけ生やさない』ことです。
そこで、コケが生えやすい水槽の特徴や、コケを生やさないための水槽管理などについて考えて見たいと思います。 といっても、完全にコケを生やさないのは不可能です。あくまで『コケ取りに手間取られたくない』というふうに考えるようにしてください。

●コケが生える水槽環境

『コケ』が生えるには、それなりの原因があるものです。 その原因を取り除いてあげることで、『コケ』の抑制効果が出てきます。

1.照明の点灯時間が長い、または、ほとんど照明が点いていない

一般的に『コケ』は『水草』よりも生命力が高く、照明がほとんど当たらないような環境でも繁殖します。 そして、照明をよく当たるようにすれば『光合成』を行い、繁殖スピードも速くなるやっかいな存在です。

水草水槽の場合、どうしても照明を当てなければならないので『コケ』とは切っても切れない関係となります。
完全に『コケ』をなくすことは不可能と納得して、一日7~8時間くらいの照明時間にすれば『水草』がある程度の栄養分を吸収してくれるので 『コケ』の無駄な繁殖を抑えることができます。

2.過密水槽になってしまっている

『過密水槽』とは、水槽容量に対して『熱帯魚』などの生体の数が多すぎる状態を言います。
熱帯魚の数が多いと、エサの食べ残しや排泄物など、『コケ類』の養分となるものも多く発生します、この状態を『富栄養』といい、コケの繁殖に適した環境になります。熱帯魚の数は水草メインの水槽の場合容量よりも少なめにするか、水替えの頻度を増やすなどして『コケ』の養分となるものが水槽にたまってしまわないように心がけることが大切です。

3.直射日光が良く当たる場所に水槽をおいてある

1.の『照明の点灯時間が長い』というのと同じ理由ですが、直射日光は人工的な照明よりも植物が成長する要因が多いので、当然ながら『コケ』も良く育ってくれます(笑)。直射日光のもう一つ問題点は、昼・夜の温度差が生じてくるという点にもあります。 昼夜の温度差が大きくなると、『コケ類』が成長するのにますます良い環境を作り出してしまうことになり、逆に水草は温度差に弱いためダメージが出る恐れもあります。なので、水槽を設置する場所は直射日光が水槽に入らない場所を選ぶか、カーテンなどで遮光してあげましょう。

4.水草の成長状況が良くない

水草』が健康的に育っていて水槽内の養分をしっかり吸収してくれていれば、『コケ』が繁殖する可能性は低くなります。 しかし、水草を植えた直後であったり、弱ってしまい、養分を吸収できなくなっていると、その分を『コケ』が吸収することになり、一気に大繁殖なんていうことになってきます。

水草が弱ってしまう主な理由は、『水質がアルカリ性に傾いている』『二酸化炭素が不足している』『照明が弱い(照明時間が短い)』などが考えられます。 もし、あなたの水槽の水草の元気が無いのであれば、これらを改善してみることでコケ発生を抑えることができるかもしれません。

水草を育てるには水温管理も必要となります。市販されている水草は25℃前後を適温とする熱帯地方の水草です。よって熱帯魚同じようにヒーターで水温設定をしてあげる必要があります。

ヒーターといっても50Wくらいのものから500Wくらいのものまでさまざまあり水槽の大きさに合わせて選ぶ必要があります。観賞魚用のヒーターは一般的に水の中に直接投入するものが主流です。

水槽の大きさとヒーターの目安

水槽サイズに対するヒーターの必要なW数の目安は約30リットル~40リットル に対し100W といったところでしょう。下記に目安を表示しておきますので参考にしてください。

  水槽サイズ   水容量      ヒーターの大きさ(W)
  30cm水槽  12リットル      20~40ワット
  45cm水槽  27~42リットル   60~100ワット
  60cm水槽  56~68リットル   100~200ワット
  75cm水槽  85~126リットル  200~300ワット

温度設定にたいする注意事項ですがヒーターやサーモスタットを使用した温度調整は冷たい水を暖める為のものですので温度設定をしても冷やすことはできませんので、夏場など水槽の温度が気温と同じくらいになるような時期になったらヒーターは水槽から出し、ゴムの部分などの破損を確認し保管しておきましょう。

ヒーターの寿命は1年~2年ですのでヒーターが故障して知らぬ間に水温が低下して帰ってきたら熱帯魚が弱っていたなんてことがないように早め早めの交換をお勧めします

ろ過フィルターは水槽内の汚れた水を綺麗にする働きをする器具です。水草育成には欠かせない器具の一つです。フィルターは水質管理の要でもありますのでできるだけ高性能のものを選ぶようにしてください。

水槽上部に設置する上部フィルター・水槽底面に設置する底面フィルター・水草育成などに使用される外部フィルター・小型水槽などに利用される外掛け式フィルターなどがあります。

上部フィルターのメリット・デメリット

まず一番メジャーな水槽の上に載せるだけの上部フィルターですがこれは熱帯魚飼育を始める際ほとんどの人がまずはじめに使用するフィルタで安値な上、ろ過能力にも優れていてさらに掃除などのメンテナンスなどが簡単とメリットがたくさんありますが、水草に対するデメリットとしては吸い込み口から吸い込んだ水をフィルタ内を通して水槽内に落とし込む為、水槽内の二酸化炭素が逃げやすい仕組みになっています。熱帯魚のみの飼育では、問題はないのですが水草には不向きなフィルターといえます。水が落ちる際のゴボゴボという音が多少耳障りになることもあります。


底面フィルターのメリット・デメリット

底面フィルターは水槽の底面全体にある砂利を利用して濾過するもので底砂に埋め込むように設置します、価格的には一番お手ごろですが作動に必要なエアーポンプを用意しなければなりません。濾過能力は高めですがエアーポンプの作動音がうるさく(最近作動音の静かなものが販売されるようになりました。)メンテナンスが他のフィルターに比べて手間がかかるのがデメリットです。しかし、価格に対するろ過能力には一目置かれるところがあります。

外部フィルターのメリット・デメリット

外部フィルターとは水槽の外にタンクを用意してポンプ等で水を循環させそのタンクの中にろ材をセットし水をろ過していく仕組みのものです。このタイプのろ過装置はエアレーションを起こさないため非常に静かな上、二酸化炭素が逃げにくく水草育成には最適なろ過フィルターです。

外部フィルターのデメリットは金額が他のフィルタに比べ高額なことと水槽以外に設置するスペースが必要なことです。この手のタイプは水槽の水面よりも低い位置に設置する必要があるため水槽台などの下のスペースを確保する必要があります。

外掛け式フィルターのメリット・デメリット

外掛け式フィルターは主に小型水槽などに使用されるもので水槽の脇に引っ掛ける形で簡単にセットできます。小型なので価格が安くメンテナンスも簡単ですがろ過能力が小さく小型水槽以外では他のろ過フィルタのサブフィルターという形で併用して使用されます。仕組みは上部フィルターと同じで水をポンプで吸い上げろ過材を通し、また水槽内へ落とし込む仕組みですので上部フィルター同様にゴボゴボとした着水音がします。

フィルターの形状や性能の違いにより用途は変わってきますが水草水槽にはやはり外部フィルターの設置が効果的であることは間違いありません。

水草にとって光とともに必要不可欠なものが二酸化炭素です。水草は主に水中で生活するのですがその点を除けば庭などで咲いている草木となにも変わりなく光合成によって二酸化炭素を吸収し酸素を放出します。庭先の草木と違う点である水中で生活をするということが水草を育てるときに気をつけなければいけないことであるのです。庭先の草木でしたら光合成に必要な二酸化炭素は大気中に十分ありますので人工的に与える必要はありません。

しかし水槽といった小さな空間の中、しかも、水中という条件になると水草の求める二酸化炭素量が必ずあると限らないです。足らない分水槽内に二酸化炭素を人工的に添加してあげることで水草の光合成が正常に行われ結果水草が元気に成長します。二酸化炭素の添加をしなくても水槽内の微量の二酸化炭素で成長できる丈夫な水草もありますが二酸化炭素を添加することで鮮やかに育つ水草も多数あります。

二酸化炭素はエアレーションなどによりすぐに大気中に逃げてしまいますので水草水槽での二酸化炭素添加時にはエアレーションは避け、濾過も上部フィルターではなく、外部式フィルターが理想です。



水草水槽の主役「水草の殖やし方」

水草の増え方には普通に見る草花や樹木と同じように繁殖の仕方がいくつか種類があり、勝手に数が増えていくものから、場合によっては飼育者が水草をカットして本数を増やしてあげるものなど色々です。

1、縦伸び式

上へと伸びていく傾向の強い『有茎水草』に多く、成長した水草を途中でカットして底砂に植え戻して増やしていく方法です。

有茎水草は、茎の途中から根(ヒゲ根)を出すことがあります、この根は通常の根と同じ役割をしてくれるので「ヒゲ根」の部分でトリミングして植え戻してあげればどんどん数を増やすことができます。


2、ランナー式

底砂の上にツルを伸ばしていき、ある所で茎(根)を出して成長していく増え方をするのが特徴なのがランナー式の水草です、自然のまま放っておいても良いのですが、このツルは、他の水草が繁茂している領域まで伸びていって茎(根)を生やしたりすることもあるので、見た目に気になる人は茎がある程度(4~5cm程度)成長した時にカットして植えたい場所に差し戻してあげれば良いです。

地上(底砂の上)を這って増えていくものと、底砂中を根が這って増えていくものと2つのタイプがあり、増やし方はどちらも、差し戻しで行います。


3、シュート式

ランナー型に似ているのですが、このタイプは水中や水面まで『ツル』を伸ばして新しい芽を出すのが特徴の水草です。

増やし方は、ランナー式と同じく、子株がある程度大きくなった時を見計らって、カットして差し戻しで増やしてあげることができます。


4、株分け式

アヌビアス系に多いのがこの株分け式の増やし方です。
このタイプは成長してくれば同じ根から株分かれして新しい芽が生えてきます。

小株がある程度成長すれば、分かれてきた株を根ごと切り取り、新しい場所に植えてあげれば成長を続けてくれます。


5、枝分かれ式(モス系の水草には枝が無いので葉分かれかな?)

コケ(モス)系の水草の多くはこのタイプの増え方をします。
枝分かれ式は、最も増やしやすいタイプで、あらゆる場所から文字通り枝分かれを行いながら成長していきます。

そのため、たいていどの部分をカットしても成長を続けてくれるので、適当なところでカットして流木などに巻き付けて活着させてあげるだけで、どんどん増やすことができます。


ネイチャーアクアリウムのレイアウト基本三選

△型構図
水槽の対角線上に流木を配置します。水槽の左右どちらかに広めの空間を作り、流木を斜めの角度に設置するレイアウトスタイルです。例えば流木を水槽の右後方上部から左前方下部にかけて配置するとします。
流木にはシダ類等を活着させて、流木の陰になる部分にクリプトやアヌビアス・ナナ等のあまり光量を必要としない陰性の水草を植え、右側後ろから中心部分にかけては有茎草などの背が高い水草を植え、左後ろから前にかけてショートヘアーグラス、キューバパールグラス、グロッソスティグマ等の背が低い前景草で埋め尽くします。

 この構図にもっとも合う水槽は、正方形水槽で、全方向から鑑賞できるような場合に面白い構図になります。


凹型構図
ネイチャーアクアリウムの中ではもっともオーソドックスなレイアウトスタイルです。

特徴は、中央の部分に空間を設置しておくレイアウトです。主に60㎝の水槽でのレイアウトがおすすめです。通常は、小さい流木を2~3本使って凹型に枠組みします。流木は木肌のまま使用してもいいですが、シダ類やウィローモスなどを活着させるのもおすすめです。

凹部分を水槽の中心点から左右にずらして配置するようにします。そして水槽両側の後景に背の高くなるような水草を植えて、中心部に開放的な空間を作ります、そうすることにより魚は中心部に集まってきて、バランスある水景を作り出せます。
 


凸型構図は両側の空間が広く開きますので、開放的で涼しげな感じを与えてくれます。

 流木を水槽の中心から少し左右にずらして配置し、流木にボルビティスやミクロソリウム・セミナローリーフを活着させ、流木の後方に背の高くなる有茎草を植え凸部分を作ります。

 水槽の両側周辺には、前景草のショートヘアーグラス、リシア、グロッソスティグマ、キューバパールグラス、ウォーターローン、アフリカン・チェーンソード、ニューラージパールグラス、エキノドルス・テネルス・ブロードリーフ等で埋め尽くし、ワンポイント的にピグミーチェーン・サジタリア等を植えます。

この凸型構図は、バックスクリーンの色を工夫すると水景の雰囲気がまったく違って見えますので、重要なアイテムとしてバックスクリーンを考えてみてください。

次ページから代表的な水草をご紹介します。



世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
12
  • http://yuga-asp.com/ad/116/711242
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

http://ap-asp.com/ad/7741/769713

カテゴリー

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ