http://aff.celebritytrip.club/ad/6517/647192

熱帯魚 シクリッド・アフリカンシクリッド飼育の薦め

熱帯魚

熱帯魚 シクリッド・アフリカンシクリッド飼育の薦め
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
http://aff.celebritytrip.club/ad/6517/647192

アメリカン・シクリッドは、スズキ目 シクリッド科(カワスズメ科)に分類される魚のうち、主に南米産(ブラジルなど)のものと中米産(メキシコ、キューバ、コスタリカ、ニカラグアなど)の熱帯魚を合わせて呼ぶときの通称。

ただしエンゼルフィッシュやディスカスなど、単独で有名なグループは除く場合もある。

南米産のものは、宝石にも例えられるアピストグラマなどの小型種(南米ドワーフ・シクリッドとも呼称される。)と中・大型種に区分される。


出典 http://webaf.biz

アピストグラマ アガシジィはアマゾン川に生息しており、古くから親しまれています。アピストグラマの中でも最もポピュラーな種です。様々な地域変異があり、ヨーロッパのブリードタイプも良く見られます。改良品種の多さはアピストグラマアガシジィがもっとも多く、レッドテール、ダブルレッド、レッドフラッシュなどがあり、毎年新品種が紹介されています。飼育自体は難しくないですが水質の悪化に注意が必要です。混泳も可能。

オスが求愛行動をしている時期が最も色が乗って美しい。色揚げ効果の高いエサを与えると良いでしょう。アピストグラマは卵を水底に産卵し、稚魚が孵化すると口に含んで育てる。いわゆるマウスブリーダー型の熱帯魚です。

飼育方法

水槽:30cm以上
体長:10cm
水温:20~28℃
水質:弱酸性
餌:人工餌料、生き餌
注意点:特になし


出典 http://webaf.biz

アイスポットシクリッド(ピーコックバス)

体長は 60 cm。最大の種であるtemensis種で80cm以上に達する。スポーツフィッシングの対象魚として親しまれ、原産地であるアマゾン川以外の地域にも移植されている。また、現地ではツクナレと呼ばれ食用となっている。色彩は種や生息地によって異なりますが、尾びれの付け根にある目のような斑点と体側に黒い帯状の模様があります。飼育は容易です。
水質は弱酸性~中性です。
水槽のサイズは120cm以上が良いでしょう。
水質を維持するため、フィルターは適合水量より大きいものを選びましょう。
幼魚期は水質の変化に弱いため水換えは頻繁に行うことをお勧めします。
餌は小型の魚・人工飼料などです。
水温は23℃~28℃が理想です。
性格はそれほど荒くないので、同サイズのナマズの仲間などとの混泳が可能です。

飼育方法

水槽:120cm(W)×60cm(H)×60cm(D)以上
体長:60cm
水温:23~28℃
水質:弱酸性~中性
餌:人工餌料、生き餌(金魚、メダカなどの小魚)
注意点:幼魚の時はあまり発色していない。体色は地域変異がある。


出典 http://webaf.biz

アストロノータス(オスカー)

体長は 20 - 30 cm。自然下では 50 cmを超えることもあります。約2年で 35 cmほどに成長する大型アメリカンシクリッド。体色は灰黒色と赤褐色からなり、2色の割合は個体によってさまざまです。尾びれのつけ根にだいだい色と黒の皆既日食のような目玉もようがあり、これは水鳥などの攻撃から頭を守る役目があります。小魚やエビなど何でもよく食べ、自分の体の半分くらいの魚までなら捕食する。同じくらいの大きさの魚はつついて追い回すため単独での飼育する方が良いです。野生種以外にもロングフィンオスカー・アルビノオスカー・タイガーオスカー(赤黒の縞)・レッドオスカーなどの改良品種がある。

飼育方法

水槽:90cm(W)×45cm(H)×45cm(D)以上
体長:30cm
水温:23~28℃
水質:弱酸性~中性
餌:人工餌料(クリルなど)、生き餌(金魚やメダカ類)
注意点:混泳はできるが、口に入る小型魚は駄目


出典 http://webaf.biz

レッド・ゲオファーガスは南米に分布する中型のシクリッド。東南アジアで養殖されて幼魚がコンスタントに輸入されています。

口がやや下向きについていて砂の中の生物を探すため、ゲオファーガスの仲間は水草水槽に向かない。水草を流木に圧着させたり工夫が必要。

水質にうるさくなく餌はなんでもよく食べ丈夫である。本種は動物質のアカムシなどを好みます。

同種間や他魚に攻撃的なところがあるので混泳は隠れ家を作るなど注意が必要です。同サイズの他魚なら混泳が可能な場合が多い。

繁殖も可能でメスが卵を咥えるマウスブリーダー。

飼育方法

水槽:45cm以上
体長:16cm
水温:22~28℃
水質:弱酸性~中性
餌:人工餌料、生き餌
注意点:ペアでも喧嘩する


出典 http://webaf.biz

ブルーアカラ

コロンビアやベネズエラなど南米に分布しており、東南アジアの養殖物がコンスタントに輸入されている中型シクリッド。成長とともにメタリックブルーに輝き、背びれがオレンジの縁取りになります。

成長とともに気性が荒くなり、混泳は難しい。特に繁殖期になると他の魚を追い回しテリトリーを主張します。口にはいる魚は食べてしまいます。シクリッドの仲間で過密水槽にすると争いが起きにくくなるという実例もありますが、個人的には失敗する確率のほうが高いように思います。

飼育は丈夫で水質にうるさくない。人工飼料などなんでもよく食べる。

ブルーアカラを改良したコバルトブルーアカラがある。

飼育方法

水槽:45cm以上
体長:12cm
水温:22~28℃
水質:弱酸性~中性
餌:人工餌料、生き餌
注意点:混泳には向かない


出典 http://webaf.biz

グリーンテラー

エクアドルやペルーなど南米に分布する中型シクリッドです。
メタリックグリーンのボディが非常に美しく背ビレと尾ビレはオレンジ色になります。本種は美しいので色々と混泳したくなりますが、気性が激しいので混泳が難しく基本的には単独飼育になります。上級者は混泳に成功させている方もいますが、失敗した場合に別の水槽を用意する必要があります。

砂を掘り返る行動があるので水草も注意が必要です。すぐ抜けてしまうようなものはやめたほうが良いです。

丈夫でなんでもよく食べます。

飼育方法

水槽:60cm以上
体長:20cm
水温:20~26℃
水質:中性~弱アルカリ性
餌:人工餌料、生き餌
注意点:単独飼育が望ましい


出典 http://webaf.biz

出典 http://webaf.biz

アピストグラマ・トリファスキアータ 写真上:雄 下:雌

南米大陸に分布する小型シクリッドです。地域やブリーダーによって様々なバリエーションが存在します。

雄は飼い込む程にイエローフェイスとなりメタリックブルーに輝くボディと伸長したヒレが非常に美しいです。雌はオスに比べたらやや地味ですが、オス同様に黒い線が入っていて個人的には好きです♪

本種はアピストグラマの中では飼育が容易です。弱酸性の軟水を好みますが、慣れれば中性でも飼育は可能です。亜硝酸濃度の上昇に弱いので十分にろ過を効かせたい。
本種はアピストグラマの仲間の中ではよく出回っているので入手しやすい。

繁殖
ケーブスポウナーと呼ばれる産卵型。植物の葉や流木、石などによって部屋状になった場所を見つけて産卵し親が卵や稚魚を保護します。シェルターとなる流木などを 入れておくとその中で産卵し、メス親が卵や稚魚を守ります。何も無いとガラスに産み付けることもあります。

飼育方法

水槽:45cm以上
体長:4cm
水温:25~29℃
水質:弱酸性
餌:人工餌料、生き餌
注意点:


出典 http://webaf.biz

ペルヴィカクロミス・タエニアートゥス

カメルーンなどに生息しており様々な地域変異があります。最も有名なのが「ナイジェリア」と呼ばれるタイプで、他には「モリウエ」、「キーンケ」、「クンバフンゲ」、「ヨング」、「ナンゲ」など、多数の色彩バリエーションがあり、このほか採取地の名前を付けられることがある。どれも美しく尾びれの上部にブラックのスポットがはいるのが特徴。タイプによって飼育の難易度が異なる。個体によっては手に入りずらい物もある。

飼育方法

水槽:60cm以上
体長:8cm
水温:22~28℃
水質:弱酸性
餌:人工餌料、生き餌
注意点:地域変異が激しい。


出典 http://webaf.biz

ファイヤーマウス

グアテマラなどに生息する中型のシクリッド。顎下から腹部にかけて燃えるような赤色に染まることが名前の由来で、ボディーはグリーンやブルーに発色し、特に繁殖期に発情した個体の美しさは目を見張るものがある。

ファイヤーマウスは丈夫で水質の対応力もあり、餌は何でもよく食べるため飼育しやすい熱帯魚といえます。性質は温和で、性質の荒い魚や小型魚を避ければ混泳は問題ありません。ファイヤーマウスは砂利を掘り返して水草などを抜いてしまうので、流木や石を利用したレイアウトにした方が良いです。

ファイヤーマウスをペアで飼育すれば、繁殖も比較的容易で、石の表面等などに卵を産み、ペアで保護する。繁殖期に入ると性格がきつくなる。

飼育方法

水槽:90cm以上
体長:12cm
水温:22~28℃
水質:弱酸性~弱アルカリ性
餌:人工餌料、生き餌
注意点:水草をレイアウトした水槽には向かない。


出典 http://webaf.biz

ジャックデンプシー

メキシコやコスタリカなどに生息する古くから親しまれているシクリッド。全身に光沢のある細かいブルーのスポットを輝かせる。成熟したオスでは、背ビレとしりビレの先端が伸張する。ジャックデンプシーは丈夫で餌もよく食べ飼育は容易ですが、性質が荒いので混泳には注意が必要。ジャックデンプシーなどのシクラソマの仲間は水草を引き抜いたり、砂を掘り返したりするので水草をレイアウトした水槽には不向きです。ジャックデンプシーの繁殖は容易で卵や稚魚を守ります。ただし、繁殖期が来ていない若いメスを一緒に入れると殺してしまうこともあります。最近はあまり人気が無いためか、熱帯魚ショップで見かけることが少ない。

余談ですが、ジャックデンプシーはヘビー級ボクサーにちなんで付けられた通称名で、マンガ「はじめの一歩」のデンプシーロールはこのボクサーが実際に使っていた技。

飼育方法

水槽:90cm(W)×45cm(H)×45cm(D)以上
体長:20cm
水温:23~28℃
水質:弱酸性~中性
餌:人工餌料、生き餌
注意点:性質が荒い


出典 http://webaf.biz

ナンドプシス・マナグエンセ

ニカラグアに生息する美しいシクリッドです。赤味を帯だ光沢のあるボディーに黒の迷彩模様がヒレの先まで入ります。英名のジャガーシクリッドで呼ばれることもある。丈夫で何でもよく食べるので飼育は容易ですが、性質が荒く縄張り意識が強いので、同種、他種問わず混泳は難しい。水草は、抜かれてしまうので、流木や石でのレイアウトをお勧めします。

繁殖させたことが無いので、ネットで調べた所一回に3000~5000個以上も産み、親は、よく卵と稚魚の世話をするらしい。

飼育方法

水槽:90cm(W)×45cm(H)×45cm(D)以上
体長:35cm
水温:22~28℃
水質:弱酸性~弱アルカリ性
餌:人工餌料・生き餌
注意点:性質が荒い


出典 http://webaf.biz

フラミンゴシクリッド

コスタリカやニカラグアに生息しており、朱色のボディーが美しく人気のある大型種です。運河や湖など、水の流れの緩やかな場所を好み、貝類、水生昆虫や小型魚などを餌にしています。鮮やかな朱色の体色が美しいことから観賞魚としてショップに流通していますが、野生では多くのものが褐色や黒などの目立たない色彩をしています。一般的に流通するのは、色彩変異個体を固定した品種。見た目が可愛らしいですが気性が荒く、単独飼育が望ましい。大型水槽にペアで飼育すれば繁殖も容易である。卵は水底の岩の上などに産み付け、雌雄がふ化するまで、卵を保護します。

飼育方法

水槽:90cm(W)×45cm(H)×45cm(D)以上
体長:30cm
水温:23~28℃
水質:中性
餌:人工餌料、生き餌
注意点:気が荒く単独飼育が良い。


出典 http://webaf.biz

パイクシクリッド

アマゾン河などに生息するやや大型になるシクリッド。体色は全身が暗灰色で成熟した個体は腹部が淡く桃色に色づき、銀白色のスポットが背側を中心に散在する。細長い体型と、とがった吻が特徴的である。パイクシクリッドの魅力は体色ではなく、元気に泳ぎ回る姿です。かなり元気に泳ぎ回るので大きめの水槽のほうが迫力を楽しめる。天然では底層域で生活しており、倒木の下や岸辺の物陰を好むので水槽でも隠れ場所を作ってあげること。飼育は容易ですが、魚食性が強く口に入る熱帯魚なら食べてしまいます。性質もやや荒くあまり混泳には向いていません。一般的には単独飼育されることが多いです。餌は生き餌を好みますが、乾燥餌料など何でもよく食べる。繁殖のチャンスは少なく難しい。

飼育方法

水槽:90cm(W)×45cm(H)×45cm(D)以上
体長:30cm
水温:23~28℃
水質:弱酸性~中性
餌:人工餌料、生き餌
注意点:混泳に注意。


出典 http://webaf.biz

チェッカーボードシクリッド

アマゾン河に生息するドワーフシクリッドの一種。体高が低く、細身のボディーでブラックのスポットが入り、青緑に輝く美しいウロコの体色です。ワイルドの個体がかなり流通していますが、熱帯魚ショップで販売されている時には本来の美しさが出ていない事が多いですが飼いこむと本来の色彩を発揮します。特にライアーテールになるオスは上品な品格があります。混泳可能ですが、性格はおとなしく臆病ですので気が荒い熱帯魚との混泳は避け、水草などの隠れ場所を作ってあげましょう。水質の急変に弱く飼育は難しい。水槽投入や飼育水の交換時には注意が必要で、弱酸性の水質を保つようにします。チェッカーボードシクリッドの餌はアカムシやイトミミズ、ミジンコなどを好みますが、人工餌料も問題なく食べます。繁殖は水草の表面などに産卵するオープン・スポウナーである。繁殖は、やや難しい部類に入りますが繁殖は可能です。

飼育方法

水槽:小型水槽以上
体長:オス8cmメス6cm
水温:22~26℃
水質:弱酸性
餌:人工餌料、生き餌
注意点:水質の急変に弱く、初心者にはあまり向かない。


出典 http://webaf.biz

テキサスシクリッド

中南米のグァテマラに分布しています。成魚になると全身がメタリックなエメラルドグリーンの細かい斑点模様と頭に大きなコブ,黄色の目が特徴の美しいシクリッドです。環境で色合いが変わりますが、飼い込むと見事な発色をします。圧倒する存在感は大型魚ファンに人気が高く東南アジアから、幼魚が輸入されていますが、最近はあまりショップで見かけない。性質は荒くほかの熱帯魚と喧嘩するので単独飼育かペアでの飼育をお薦めします。テキサスシクリッドは非常に丈夫なため飼育は容易である。

飼育方法

水槽:90cm(W)×45cm(H)×45cm(D)以上
体長:30cm
水温:20~25℃
水質:中性
餌:
注意点:


エンゼルフィッシュはネオンテトラやグッピーと並ぶ代表的な熱帯魚で、熱帯魚の代名詞と言っても過言ではないとおもいます。

現在はスカラレ種を元にして、改良品種が作られています。
水草水槽で数匹の群泳で楽しみたい。良いペアが得られれば繁殖も容易です。比較的に飼育しやすいですが、成長した個体は性格がややきついので注意。
餌は動物質のものを中心に人工餌料を混ぜてバランスよく育てたい。

エンゼルフィッシュの飼育方法

水槽:60cm以上
体長:12cm
水温:22~28℃
水質:弱酸性~中性
餌:人工餌料、生き餌
注意点:成魚は性格がややきつい

エンゼルフィッシュの繁殖

エンゼルフィッシュが入ってる混泳水槽にディスカス用の産卵塔を入れておくと、そこを2匹で独占しようとするペアがでます。この状態を確認できればペアが成立です。ペアを取り出し45㎝程度のベアタンク(水草や砂利が無い)に移します。

水槽に移し変えたペアは産卵をはじめます。約10日周期で2~3回産卵。3~4日すれば元気に泳ぎ始めます。初期の餌はブラインシュリンプが良いでしょう。気がつくと数千匹に増えるのでお友達にあげるか熱帯魚ショップに引き取ってもらいましょう


ディスカスは熱帯魚の王様といわれ、アマゾン川一帯に広く棲息し、分類上はシクリッド科シンフィソドン属に属し、二種五亜種からなる。ディスカス種はいささか神経質で飼育・繁殖が難しいため。熱帯魚の初心者は手を出さないほうが良いでしょう。


パロットファイヤー
サイズ:約25cm
特徴:金魚のような体色とハートの形をしたようなおちょぼ口をしているこの種はフラミンゴシクリッドとシンスピルムの交雑で生まれました。アロワナ等の大型魚の混泳相手になる事も有ります。着色されたカラー個体等も流通しています。 飼育は容易です。
水槽は、60cm以上がよいでしょう。
水質は中性~弱アルカリ性で飼育します。
水換えは頻繁に行うことをお勧めします。


アカムシ、人工飼料がよいでしょう。

水温
水温は25℃~28℃が理想です。

混泳
数を入れれば比較的容易です。



次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
12
  • http://yuga-asp.com/ad/116/711242
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

カテゴリー

月別アーカイブ

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!