http://aff.celebritytrip.club/ad/6517/647192

熱帯魚 シクリッド・アフリカンシクリッド飼育の薦め

熱帯魚

熱帯魚 シクリッド・アフリカンシクリッド飼育の薦め
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
http://aff.celebritytrip.club/ad/6517/647192

シクリッド 「アフリカンシクリッド」

シクリッドは全世界で約1300種も知られており、それらのほとんどは、南アメリカ大陸とアフリカ大陸、東南アジアの一部に分布しています。シクリッドの仲間は一部の熱帯魚を除き、丈夫で飼育が容易なため観賞用として世界中で親しまれており、もっとも人気のある熱帯魚グループの一つです。最もポピュラーな観賞魚のひとつであるエンゼルフィッシュや、熱帯魚の王様・ディスカスも仲間のひとつです。

その中でアフリカのマラウィ湖、タンガニーカ湖などを原産とする魚たちは、
アフリカンシクリッドと呼ばれています。

シクリッドとは簡単に言うと “ちょっと気が荒い小型~中型の魚”で海産のスズキから進化した魚達です。 シクリッドと言えばアマゾン川などの中南米に生息する種類(エンゼルやディスカス、オスカー、アピストなど)が「アメリカンシクリッド」と呼ばれており、 非常にポピュラーですが、その種類は150~200であるのに対し、アフリカンシクリッドは500~600種と非常に種類が多いのは知られていなかったりします。 ただ、実際に流通されている種類は100種類前後だと思います。

アフリカンシクリッド一番の特徴は色彩で、鮮やかな青や黄色の金属光沢は海水魚と見間違う程です。 また、マラウイ湖に生息するほとんどの種類はマウスブリーダーと呼ばれる口内孵化を行い、繁殖も意外と簡単です。海水魚を飼いたいけど予算が無い、 簡単に海水魚の雰囲気を味わいたい方には是非オススメの熱帯魚達です。


https://worldheritagesite.xyz/malawi/

出典 http://worldheritagesite.xyz

マラウイ湖水中

http://www.lbm.go.jp/publish/umindo/volume3/umind3c.html

出典 http://www.lbm.go.jp

マラウイ湖国立公園
マラウイ湖国立公園はアフリカ大陸南東部にあるマラウイ湖を対象とする国立公園で、マラウイ湖はアフリカ大陸で3番目に大きな湖です。その面積は四国の1.5倍、マラウイの国土の4分の1を占めるています。

「湖のガラパゴス諸島」と言われるほど、固有種の多さと進化の多彩さで知られており、1984年に世界遺産に登録されました。

最大深度は706メートルに及び、500種以上の魚類が確認されており、そのほとんどがこの湖固有種というのが特徴です。マラウイ湖で一番数が多いのは「カワスズメ」という魚で、繁殖期を迎えたオスのカワスズメは、口で砂を積み上げメスを迎える産卵の場を作ります。メスはオスが用意した産卵の場をめぐって、気に入ったオスのところで産卵をします。産卵した後、メスは自分の口の中に卵をくわえ、受精卵を口の中で育てます。

稚魚が産まれた後は、カンパンゴという大きなナマズの仲間を利用し、カワスズメは自分の稚魚をカンバンゴに預けます。一方カンパンゴにとっても、カワスズメの親が周りを守るというそんな共生が存在した自然遺産となっています。

出典 http://worldheritagesite.xyz


https://patori.jp/blog/4718/olympus-digital-camera-389/

出典 http://patori.jp

タンガニーカ湖水中

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/5292/?ST=m_news

出典 http://natgeo.nikkeibp.co.jp

タンザニア西端に広がる淡水湖タンガニーカ。長い年月をかけて発達したこの湖は、最大深度が約1500メートルと非常に深く、クラゲなど色彩豊かな生物を育んでいる。 巻き貝、カニ、海綿動物をはじめ、タンガニーカ湖の多様性に富んだ淡水生物の多くは、同じ種類の海洋生物と驚くほど似ている。

地球上の淡水域の約17%を占めるタンガニーカ湖。南北約650キロの湖岸に接するブルンジ、タンザニア、ザンビア、コンゴ民主共和国に住む何百万の人々に水と食料を供給している。


アフリカンシクリッドは見た目が美しく綺麗な魚です。条件を整えれば、丈夫で飼育も簡単なので今まで熱帯魚を飼ったことがない人にもオススメです。まずは、アフリカンシクリッドの飼育方法を紹介させていただきます。

アフリカンシクリッドは少し気性が荒いので混泳させる場合は注意が必要ですが、丈夫で飼育は簡単です。ただ、混泳させる場合は大きな水槽(60cm以上)で飼育する必要があります。

まずは、こちらを見て基本的な準備を行ってください
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

アフリカンシクリッドといえば、中央アフリカのマラウイ湖、タンガニイカ湖に生息しているシクリッドです。弱アルカリ性の水質を好み、約600種のアフリカンシクリッドが確認されています。気が荒く縄張り争いをする種が多く、一番の特徴は鮮やかな青や黄色の金属光沢の色彩。また、マラウイ湖に生息するほとんどの種類はマウスブリーダーと呼ばれる口内孵化を行い、繁殖も容易です。

アフリカンシクリッドの種類にもよりますが飼育はそれほど難しくありません。15センチ前後のアフリカンシクリッドを飼育する場合は60センチ水槽以上で飼育することが出来ます。60センチ水槽であれば5匹ぐらいは一緒に飼育することが出来ますが、アフリカンシクリッドはよく糞をするので、水がすぐに汚れてしまいます。最大のポイントは弱アルカリ性の硬水を使用すること。日本の水道水のほとんどはPH7.0前後の軟水であるため、PH7.5~8.0程度の硬水を用意する必要があります。

硬水はろ過材と底床にサンゴ砂を用いることで作ります。

いきなり魚を投入せず、まず水だけを循環させておくとサンゴ砂からカルシウムなどの成分が溶け出し、徐々に弱アルカリ性へ水質が傾いていきます。

熱帯魚ショップで流通しているアフリカンシクリッドの多くは中性寄りの水質で繁殖した養殖個体であるため、さほど高いPH値を必要としません。サンゴ砂を使うだけで飼育に必要な水質を作れます。

ワイルド個体を飼う時や、居住地域の水質の問題でPH値がなかなか上がらない時は、PH調整剤を使用するとよいでしょう。

外部濾過でも上部濾過でも良いですが、ろ過装置は水槽のサイズより1つ大きい容量をを選ぶようにしましょう。多くの種類を混泳させたり、水替えの頻度を減らしたいならやはり90cm以上の水槽と外部ろ過器が必要となってきます。

水替え時は急にPHが下がりショックを起こす可能性があります。

小型水槽やバケツにサンゴ砂を敷き、エアレーションして換水用の飼育水を準備しておくと便利です。ろ過材や底床に用いるサンゴ砂は、徐々にカルシウムが抜け細かく崩れてしまうので1~2年をめどに交換します。

また、水流があった方がいいので、場合によっては水流ポンプを設置するようにしましょう。

アフリカンシクリッドは弱アルカリ性の水を好むので、水槽の中か、ろ過装置の中にサンゴを入れて水質を弱アルカリ性に傾けましょう。

カキ殻などが販売されているのでそういったものを購入するのもいいと思います。

水温は24〜28度の間で安定させてください。水温を安定させるためにも、ヒーターとサーモスタットを用意して下さい。

アフリカンシクリッドは気性が荒いので混泳させる場合は注意が必要です。
大きめの水槽で余裕を持って岩などを置いて、隠れ家を多めに作って飼育するのがお勧めです。

個体によっても縄張り意識が強い個体とそうじゃない個体がいるので、個体によっては喧嘩をしない場合もありますが、縄張りが作れないように多めに魚を入れることで上手く混泳させることが出来ますが、アフリカンシクリッドは糞が多いので水換えの頻度を多くしなければいけなくなります。水質が弱アルカリ性に傾いている場合は糞が溜まるとすぐに水質が悪くなってしまうので注意が必要です。オーバーフロー式水槽の場合なら多めにシクリッドを入れて混泳させるのもいいと思いますが、一般的な外部濾過や上部濾過の場合はろ過容量を大きくして(ワンランク以上大きめの水槽用)混泳させるのがいいでしょう。

口に入らないサイズの魚とならば混泳させることが出来ます。コリドラスやプレコなどと混泳出来ますが虐められることがあるので虐められている場合は他の水槽に移して下さい。

もう一つの悩みとなるのがその気性の荒さです。
美しい体色を見せてくれるのはボス的な立場にあるオスのみで、オス同士、常に激しい縄張り争いを繰り広げています。弱いオスはややくすんだ体色になってしまい、本来の魅力的な体色を発揮できません。ペア飼いが無難なのですが、メスでも未熟だったり相性が合わないと追い回されてしまいます。

大きめのサンゴ岩を組み合わせたりして、隠れ場所を用意したり、仕切で隔離するとよいでしょう。逆に、ろ過設備を大容量のものにして、過密状態飼育で縄張り争いが起きないほどにしてしまうのも一策です。


アフリカンシクリッドの繁殖

多くのアフリカンシクリッドが、メスの口の中で卵を孵化させ一定時期まで育てるマウスブルーディングを行います。

メスが成熟すると腹部が膨らんできます。ペアが水槽の底で円を描くように動き始めたら交尾のサインです。メスが物陰であまり動かなくなったら産卵に入った証拠でしょう。

よ~く観察すると、口の中に卵や稚魚を確認することができます。この後、稚魚たちが育ち完全に離れるまで、メスは餌を一切口にしません。稚魚が育っていく一方、メスはどんどん痩せていく姿は少し痛々しいですが、強い母性を感じさせてくれます。オスは自分の子どもでも遠慮なく食べてしまうので、稚魚が独立して泳ぐようになったらすぐに隔離してください。


混泳について

弱アルカリ性の硬水を必要とし、気性も荒いのでアフリカンシクリッド以外の魚種との混泳は不向きです。

同じアフリカンに分類されていますが、ペルヴィカクロミス・プルケールなど河川産シクリッドもやはり必要な水質が異なるので難しいです。

硬水では水草も育ちにくいので、アヌビアスナナなどごく一部の品種しか入れられません。

ゴールデンゼブラ・シクリッドはアフリカのマラウイ湖に生息する固有種で、マラウイ湖に800種以上も生息していると言われているカワスズメの仲間の内の一種として知られています。

体色は雌雄で異なっていて、幼魚と雌は青色に数本の暗色の横帯がありますが、成熟した雄はあざやかな黄色に変わり、ぼんやりとした暗色の横帯が残っています。

水深6~30m程の岩の多い砂泥底などに生息していて、プランクトンや藻類、コケ類などを食べています。

「マウスブリーダー」と呼ばれる仲間で、雌は卵を口内で守る習性があり、雄のしりびれの軟条部には卵に似せた模様があり、雄は雌がこれを卵だと思って口に入れる時に放精する。

ゴールデンゼブラ・シクリッドは観賞用に利用されることがあるが、国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストには、絶滅危惧II類(VU)として指定されている。


出典 http://webaf.biz

ブライトブルーシクリッド

マラウィ湖に生息するシクリッドです。マラウィ湖産の魅力でもある綺麗な色彩でライトブルーの体に、ダークブルーの縞が走るさまをシマウマに例えたの名前が学名を表している。気性が荒く混泳がむずかしい熱帯魚。

ブライトブルーシクリッドは、何でもよく食べますが、現地では藻類が餌のかなりの部分を占めるとの報告があり、植物成分主体の餌を時々与えるようにしたい。テリトリー意識が強いため、飼育に際してはそれぞれがテリトリーをもてないくらいの高密度での飼育や槽に岩組み等で隠れ場所を増やすことが基本である

オスのしりビレには、エッグスポットと呼ばれる黄色いスポットが存在するので、雌雄の判別は容易である。弱アルカリ性の硬水の飼育水が必要。

ブライトブルーシクリッドの繁殖

メスが卵を口にくわえフ化まで保護するマウスブルーダー・タイプで、繁殖は容易。

飼育方法

水槽:60cm以上
体長:10cm
水温:23~28℃
水質:弱アルカリ性
餌:人工餌料、生き餌(植物性を好む)
注意点:気性が荒いので混泳には気をつける


出典 http://webaf.biz

キフォティラピアフロントーサ

タンガニイカ湖に生息する大型のアフリカンシクリッド。成熟したオスの頭部はコブのように盛り上り迫力があります。黒と白の縞模様にブルーに染まるヒレは美しい、産地によってバンドの太さ、体色などが異なる。

餌はメダカなどの子魚やクリルなど何でもよく食べ丈夫で飼育しやすく性質も温和で混泳は同サイズであれば可能だが、本種のみを群泳させるアクアリストが多い。

繁殖形態はメスが卵をくわえるマウスブルーダー。大型の水槽でオス2匹とメスを4,5匹同居させると自然に産卵する確率が高い。地域変異が激しいのであらかじめ調べてから入手したい。

飼育方法

水槽:90cm(W)×45cm(H)×45cm(D)以上
体長:30cm
水温:22~27℃
水質:弱アルカリ性の硬水
餌:人工餌料、生き餌
注意点:産地によって色彩が違う。

キフォティラピア フロントーサの地域変異について

*ブルンディ
古くからポピュラーなキフォティラピア フロントーサ。ブルーの発色は薄いですが、体が白銀に輝くのが特徴です。バンドは乱れていることが多く、ブルンディが一番大型になり、流通量も多く、比較的安価で販売されている。

*ブルーザンビア
ブルンディに似て迫力があり、額のこぶがかなり張り出スタイプ。ブルーが強く発色するのが特徴です。青いキフォティラピア フロントーサの中では、比較的安価で入手できる。

*ミピンブエ
目の下に黒いバンドが太く出るのがミピンブエの特徴です。人懐っこい性格で手から餌を食べるそうです。ブルーの発色が強く出るタイプ。

*ザイールブルー
メタリックブルーに輝き、最も美しいと言われています。若魚のうちからブルーが強い。均等に出るバンドの美しいプロポーションで、他のタイプよりも体高が出てくるのが特徴。キフォティラピア フロントーサのなかではやや高価です。


出典 http://webaf.biz

ペルヴィカクロミス・プルケール

古くから親しまれている河川産のアフリカンシクリッドです。
発情した個体は腹部にピンク色を帯び、その美しさは見ごたえがあります。河川産のため飼育水をアルカリ性にする必要はありません。水質の悪化に気をつければ丈夫で飼育もそれほど難しくなく、性質は温和で混泳魚としても向きます。養殖された個体がコンスタントに輸入されており、アルビノ改良種も多く出回っています。

繁殖

流木の間などに100~300の卵を産卵し、親は卵がフ化して稚魚が大きくなるまで、よく面倒をみる。普通に飼育していればまず成功するほど、繁殖は容易。

飼育方法

水槽:60cm以上
体長:10cm
水温:23~28℃
水質:弱酸性~中性
餌:人工餌料、生き餌
注意点:水質が悪化すると病気にかかりやすい。


出典 http://webaf.biz

イエローピーコック

マラウィ湖に生息するアフリカンシクリッドで数多くの地域変異があり、ショップでは土地の名前などのサブネームがついていることもあります。黄色の体色を持つ美しいアフリカン・シクリッドでブルーの魚が多い混泳水槽で、アクセントになります。ただし、イエローピーコックの雄雌を一緒に入れると、まだ産卵準備が整っていないメスは殺されてしまうこともあるので、普段は別の水槽に分けておき、抱卵したら一緒にするとよい。繁殖はマウスブリーダー型です。また、オス同士の混泳もトラブルになることもあるので十分に注意が必要です。マラウィ湖の水質は弱アルカリ性の硬水なので、サンゴ砂や硬度上昇剤を使って弱アルカリ性の硬水を維持しなくてはならない。

イエローピーコックを美しく育てるには、単独飼育が良いが、混泳させる場合は匹数を多めに飼育し、トラブルが起こったときに対処できる水槽などを用意できないのであれば混泳は避けたほうが無難です。餌はアカムシや小魚、クリルなどなんでもよく食べますが人工餌料で問題ありません。

飼育方法

水槽:90cm(D)以上
体長:15cm
水温:23~28℃
水質:弱アルカリ性:硬水
餌:人工餌料(シクリッド専用フードなど)、生き餌(アカムシ、イトミミズ、小魚など)
注意点:混泳には十分気をつける。


出典 http://webaf.biz

ネオランプロログス・レレウピィ

タンガニイカ湖に分布するアフリカンシクリッド。レモンイエローで美しい体色を持つネオランプロログスです。見た目は可愛らしいが、非常に闘争心の強い魚で、数匹が同じ水槽にいるとペアができるまで喧嘩をして最後に2匹だけが残るということがあります。複数で混泳させるのであれば、岩などの隠れ家をたくさん作ってやる必要があります。そして、やや多目に飼育することによって、それぞれが縄張り意識をもてないようにします。飼育は弱アルカリ性の水質ならばそれほど難しくないです。

オスとメスの判別が外見上で見分けるが難しく、繁殖させるにはペアが出来るのを待つしかありません。繁殖は岩の隙間などに卵を産み付けますが、ペアを作るのが難しく、繁殖は困難です。

飼育方法

水槽:60cm以上
体長:10cm
水温:23~28℃
水質:弱アルカリ性
餌:人工餌料、生き餌
注意点:性質が荒い。


出典 http://webaf.biz

ピーコックシクリッド

アルカリ性のマラウイ湖に生息する元気に泳ぎ回る熱帯魚です。アーリーと似ている部分もありますが、色彩パターンがいろいろあり最も一般的で美しいと言われているのは明るいコバルトブルーのタイプです。少し黄みがかった個体もあるので好みのタイプを探すのも楽しいです。性質が荒くテリトリを確保するので混泳には十分気をつけてください。水質は弱アルカリ性を好みますが珊瑚砂を入れただけのやや弱アルカリ性に近い水質なら十分対応できるため水槽に水草も入れることが出来ます。混泳は水底に生息するある程度大型のプレコだったら問題ありません。他のシクリッドなどと混泳する場合は流木や水草などをうまく配置して隠れ家を作るようにしてください。ピーコックシクリッドの繁殖はメスが口の中で卵を保護するマウスブリーダータイプでそれほど難しくありません。

飼育方法

水槽:90cm以上
体長:20cm
水温:23~28℃
水質:弱アルカリ性
餌:人工餌料、生き餌
注意点:性質が荒い


出典 http://webaf.biz

イエローストライプ

マラウイ湖に生息する美しいアフリカンシクリッド。幼魚の時は黄色のボディーに黒のストライプ模様ですが、成魚になるにつれて黄色の部分が濃紺に、黒の部分が黄みがかかった色彩に変化する熱帯魚です。イエローストライプは縄張り意識が強く、性質は気が荒い。小さな熱帯魚は食べてしまうので混泳には注意が必要である。ショップでは幼魚で販売されているのがほとんどですが、成魚になると10㎝以上の大きさになるのであまり狭い水槽には不向きです。飼育水はアルカリ性なので一般的な熱帯魚とは一緒に飼育できません。

飼育方法

水槽:60cm以上
体長:12cm
水温:23~28℃
水質:アルカリ性
餌:人工餌料、生き餌
注意点:気が荒く、小型魚は捕食される。


出典 http://webaf.biz

通称「アーリー」と呼ばれる最もポピュラーなアフリカンシクリッドだが、正確な名前は「スキアエノクロミス・フライエリィ」といいます。繁殖期は全身が濃いメタッリクブルーに輝き、吻部から背ビレの縁までが白っぽく色づき、尾ビレはオレンジ色に発色する。オスの尾ビレにはエッグスポットがあります。ヨーロッパやアメリカから輸入される純粋なフライエリィ種は少なく、安価な雑種個体が台湾から輸入されている。

飼育方法

水槽:60cm以上
体長:15cm
水温:22~27℃
水質:弱アルカリ性
餌:人工餌料、生き餌
注意点:安価なアーリーは雑種の可能性あり。


次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
12
  • http://yuga-asp.com/ad/116/711242
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

カテゴリー

月別アーカイブ

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう